スロット ゲーム web

  

1000GIRLSプロジェクト

わたしは、闘う。

早すぎる結婚、性的搾取、暴力に怯えながら暮らす日々に終止符を。この理不尽と、一緒に闘ってください。

恐怖の中を生きる1000人の少女に希望を

ご寄付は寄付金控除の対象となります。

1000GIRLS
プロジェクトとは

早すぎる結婚や性暴力など、少女たちが「女の子だから」直面する現実。
紛争や物価高騰など世界が危機に瀕するいま、その状況は過酷さを増しています。
しかし、彼女たちは無力ではありません。
未来を変える力を持っています。

彼女たちの「恐怖」を「希望」に変えられるように。一緒に立ち上がってください。
いま、1000人の少女のチャイルド・スポンサーを募集しています。

現在までに参加してくださった人数 946人/1000人(12/27更新)

946人

「恐怖の中の生活はもうたくさん。わたしは黙ってなんかいない」

いま、世界の女の子に起きていること

児童婚

1分間に22人の少女が18歳未満で結婚させられています。結婚により教育を諦めてしまうだけでなく、早すぎる妊娠・出産は身体に悪影響を及ぼし、家庭内で立場の弱い少女は暴力を受ける可能性も高まります。

学校に行けない少女

1億2900万人の少女が学校に通えていません。女の子に教育は必要ないという考えのもと、厳しい家計の中で男の子の教育が優先されるほか、通学路が危険であることなども、女子教育の妨げとなっています。

暴力

世界の女性の約3人に1人が、身体的・性的暴力を経験しています。また、性的搾取を目的とした人身取引の被害者の9割が女性と少女です。暴力によるトラウマや、被害に対する周囲の偏見に苦しむこともあります。

チャイルド・スポンサーシップが変える、少女たちの未来

ワールド・ビジョンの代表的な支援プログラム「チャイルド・スポンサーシップ」では、途上国の少女を取り巻く課題に取り組んでいます。1日あたり150円、月々4,500円の継続支援で、女の子はもちろん、男の子や大人たちも巻き込み、地域の環境を変えていきます。

教育

女の子が学校に行けるよう家族や地域に働きかけ、学用品の支給などを通して学びを支えます。十分な教育を受けた女の子は、貧困から抜け出すことができます。

水衛生

井戸を設置することで、水汲みの負担から女の子を解放します。生理の時にも学校を休まなくて良いように、学校の女子トイレを整備します。

生計向上

畜産・農業の支援や職業訓練などを通して、家族が安定した収入を得られるようになることで、家計の負担を減らすための早すぎる結婚を防ぎます。

子どもの保護

暴力や虐待、搾取から女の子を守ります。少女たちに「暴力は当たり前ではない」と自らの権利を伝え、有害な慣習を変えられるよう地域全体に啓発を行います。

応援してくれる人の存在が、困難に立ち向かう力になる

チャイルド・スポンサーシップは、あなたと支援地域に住む子ども「チャイルド」が1対1でつながる「顔の見える支援」です。自分を応援してくれる人がいることは、少女たちにとって大きな「自信」となります。

成長報告書が届く

チャイルド・スポンサーになると、年に1度の「成長報告書」で、支援活動の様子や子どもたちが励んでいることなどをお伝えします。

手紙での交流

手紙のやり取りを通して、離れていても、お互いを身近に感じられます。交流の中で将来の夢を見つけたりと、少女たちに希望を与えます。

チャイルドに会いに行ける

支援地域を訪問してチャイルドに会うこともできます。それは、少女たちにとって大きな励ましとなり、困難に立ち向かう力になるでしょう。

わたしは、闘う。
地域の少女を脅かす「早すぎる結婚」と。

女の子の半数以上が18歳の誕生日を迎える前に結婚する国、バングラデシュ。貧しく、また結婚による金銭的支払いの慣習がある地域では、児童婚は家族にとって必要なお金や家畜を手に入れる手段になります。

モニカちゃんも、児童婚が普通とされる家庭で育ちました。しかし、チャイルド・スポンサーシップの活動を通して早すぎる結婚の身体的・心理的ダメージを知った彼女は、家族を説得し、結婚から逃れることができました。さらに、仲間とともに児童婚を止めるためのチームを立ち上げ、その有害な影響についてコミュニティの中で啓発活動を行っています。

これまでに阻止した結婚は10件。地域の慣習を変えることは簡単ではありません。それでも、女の子たちの未来のために、今日も彼女は児童婚との闘いの最前線に立っています。

チャイルド・スポンサーシップは、1人の子どもの支援にとどまりません。支援を受けた女の子自身が、地域の少女を取り巻く現実を変えていく、力となるのです。

モニカちゃん(バングラデシュ)

少女たちに力を。
「エンパワメント」がカギとなります。

ワールド・ビジョン・ジャパンの池内と申します。私がカンボジアで出会った人身取引の被害を受けた少女は、サバイバーの集まりで、暗い表情で部屋の隅にポツンと座っていました。しかしそれから2年後、自信に満ちた姿に変わったことを今でも覚えています。元々ファッションに興味があったという彼女。カウンセリングなどのほか、縫製の職業訓練を受け、自分でデザインした洋服を作って売り始めたそうです。

ジェンダーに基づく暴力は、地域に根付く伝統的なジェンダー規範、不平等なジェンダー関係が根源にあります。その解決のためには「文化や社会規範は変えられないものではない」ことを女性と少女、家族や地域社会などあらゆる人々に働きかけていくことが必要です。サバイバーには、カウンセリングや医療を提供し、スポーツや手仕事などの活動、収入向上活動などに参加してもらいます。他のサバイバーとつながり、小さな成功体験を積み重ねることで、あの彼女のように「エンパワメント」が実現されます。

すべての子どもたちが尊厳を持って生きられるように、これからも活動を続けてまいります。

支援事業部 池内千草(専門:ジェンダーに基づく暴力)

月々4,500円、1日あたり150円の支援で、少女の「恐怖」が「希望」に変わります

彼女たちが理不尽な現実に「NO」を突き付け、未来に向けて歩めるように。一緒に立ち上がってください。

恐怖の中を生きる1000人の少女に希望を

ご寄付は寄付金控除の対象となります。

よくある質問

女の子は、途上国の子どもたちの中でも特に弱い立場に置かれています。

例えば、厳しい家計の中で教育を諦める可能性が高いのは、男の子よりも女の子であり、学校に行かずに家族の世話をしたり、水を汲むために長い距離を歩かなければならないのも、たいてい女の子です。十分な教育を受けていない女性の収入は低く、貧困の連鎖が続いてしまいます。

また、少女たちは、ジェンダーに基づく不平等とそこから生じる規範や慣習により、早すぎる結婚や暴力、虐待、人身取引、女性器切除(FGM)などの危険にさらされています。

チャイルド・スポンサーシップの支援では、チャイルド個人の教育や病気治療などのほか、男の子も含む「地域全体」の環境を改善していきます。

また、理不尽な慣習を変えていくには男の子の参加も不可欠です。女の子と男の子、また地域の大人たちを巻き込んで、男の子も含む「すべての子どもの権利」について伝えています。

さらに、女の子が早すぎる結婚から逃れ、十分な教育を受けることができれば、彼女自身の人生が変わるだけでなく、その家族やコミュニティ、さらには彼女の将来の子どもにまで、健康、教育、収入などの面で良い影響をもたらします。

貧困の状況や家庭環境などの条件に基づき、特に厳しい環境に暮らし、励ましを必要とする子どもがチャイルドとして選ばれます。アジア・アフリカ・中南米の支援地域に暮らす0歳~13歳のチャイルドからご紹介します。ご希望がある際は、地域・性別をご指定いただくことも可能です。

はい、男の子のチャイルド・スポンサーになることもできます。の確認画面の「支援したいチャイルドの条件を希望する方はこちら」の項目で、チャイルドの性別をお選びください。

チャイルド・スポンサーシップでは、チャイルド・スポンサーの方に支援地域に住む子ども(チャイルド)をご紹介しますが、支援活動はチャイルドだけでなく、支援地域に住む子どもたち全体を対象としています。

チャイルドを選ぶ基準は支援地域によって異なりますが、貧困の状況や、家庭環境(親が健在であるかなど)に配慮しています。支援内容は子どもや家族の必要に応じて決定されますが、チャイルドだけに公平さを欠いた支援が行われることはありません。

保護者の活動への理解も大切な項目で、登録の際には、親や地域住民の了承のもと、チャイルドとして登録しています。

チャイルドが住む地域の支援プログラムが終了するか、チャイルドの状況が変化し支援が必要なくなるまで支援活動は続きますが、皆さまのご支援期間は自由ですので、事情によりご支援が難しくなった際はご連絡ください。中止の手続きを承ります。ご紹介したチャイルドには責任をもって新しいチャイルド・スポンサーを探させていただきますので、ご安心ください。

ワールド・ビジョン・ジャパンは、東京都より認定を受けた認定NPO法人のため、いただいたご支援金は寄付金控除等の対象になります。確定申告によってこの税制優遇を受けることができます。個人の確定申告では「税額控除」と「所得控除」から有利な方を選択でき、「税額控除」を選ばれると寄付金の最大40%が戻ってきます。
※一部の住民税についても寄付金控除等の対象となる場合があります。東京都と神奈川県の住民税は控除対象となっています。

ワールド・ビジョンとは?

貧困や紛争、自然災害等により困難な状況に置かれた子どもたちのために活動する、世界最大級の子ども支援専門の国際NGOです。国連経済社会理事会に公認・登録され、約100カ国で70年以上にわたって子どもたちの成長を支え、「未来」を変える支援を行っています。

開発援助

チャイルド・スポンサーシップによる地域開発プログラムを核とした開発援助事業。

緊急援助

自然災害や紛争などで危機的な状況に置かれている子どもたちを守るための支援活動事業。

アドボカシー

子どもたちにとって世界が安全で平和な場所になることを目指した国際レベルでの啓発活動事業。

恐怖の中を生きる1000人の少女に希望を