スロット ゲーム web

  

アフガニスタン地震

2023年10月7日、アフガニスタン西部ヘラート州でマグニチュード6.3の強い地震が発生。被害の全容は明らかではありませんが、ヘラート州を中心に被害が拡大しています。ワールド・ビジョンは緊急援助活動を開始、日本でも募金の受付を始めました。

アフガニスタンで地震発生緊急援助活動を行っています

国際NGOワールド・ビジョンは、2021年からヘラート州を含むアフガニスタン西部で支援活動を実施しています。今回の地震で、ワールド・ビジョンの活動地域も被災しました。10月8日までに被害状況とニーズを確認するための初動調査を開始し、移動診療を10チーム動員し、緊急援助キット300セットを配布しました。また、備蓄している医薬品を配布する準備があります。

ワールド・ビジョンのパートナーシップとして、初動対応のため、緊急準備資金を拠出しました。ワールド・ビジョンは、現場の状況を注視し情報収集を進め、国連機関や人道支援機関、関係者と現場、地方、中央レベルで連携し、今後、食料、水衛生、子どもの保護などの分野で、支援活動を拡充していく計画です。

地震で被災した子どもたち、人々の命を守るために

アフガニスタン西部ヘラート州で起こった地震で被災した子どもたち、人々の命を守るために対応していきます。
緊急な支援を必要とされている人々に対して「アフガニスタン地震緊急支援募金」にご協力ください。

今すぐ支援を届ける

ご寄付は寄付金控除等の対象となります。

アフガニスタンにおけるワールド・ビジョンの活動

ワールド・ビジョンはアフガニスタンにおいて、紛争や自然災害の影響を受ける子どもたちや家族の人道的ニーズに応えるために、2001年に緊急援助を開始しました。それから22年間あまり、ワールド・ビジョンはアフガニスタンのコミュニティの人々と連携し、アフガニスタン西部のヘラート州、ゴール州、バギス州、ファリャブ州において、人道支援ならびに早期復興、レジリエンス強化、開発支援を提供してきました。ワールド・ビジョン・アフガニスタンの活動の優先分野は、母子保健、栄養改善、水衛生、生計向上、食料安全保障、教育、子どもの保護、多目的な現金給付プログラムです。

ワールド・ビジョンは、コミュニティの人々とともに活動することで、状況に多面的に対応し、人々の基本的ニーズを包括的に満たし、復興とレジリエンス、また、コミュニティの発展を促すことを目指しています。2021年8月以降2023年8月までに、166万746人のこどもたちを含む332万8708人に支援を届けました。

ご寄付は寄付金控除等の対象となり、
最大40%が所得税額から控除されます。

ワールド・ビジョン・ジャパンは、東京都より認定を受けた認定NPO法人のため、いただいたご支援金は寄付金控除等の対象になります。確定申告によってこの税制優遇を受けることができます。個人の確定申告では「税額控除」と「所得控除」から有利な方を選択でき、「税額控除」を選ばれると寄付金の最大40%が戻ってきます。

※一部の住民税についても寄付金控除等の対象となる場合があります。東京都と神奈川県の住民税は控除対象となっています。
※詳しくは所轄税務署や等にてご確認ください。

アフガニスタンの子どもたちを救ってください。

今すぐ寄付をする