スロット ゲーム web

  

企業・団体との連携

SDGs達成に向けたパートナーとして

社会貢献活動のパートナーとして、ぜひワールド・ビジョン・ジャパンとの連携をご検討ください。

2016年の「持続可能な開発目標(SDGs)」発効以降、その実現のために政府、国際機関、NGOの力だけでなく、技術や人的・財的資源を潤沢に持つ企業による貢献への期待が高まっています。
ワールド・ビジョン・ジャパンは、SDGsへの貢献や、企業の社会的責任(CSR)活動のパートナーとして、多くの企業・団体の皆さまと連携しています。また、グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパンを含め、SDGs達成のためにリーダーシップと能力を発揮する企業・NGO・学術機関のコミュニティに積極的に参加しています。

2021年度は、1,827社からさまざまな支援・協力をいただきました。心より感謝申し上げます。

企業・団体による支援方法

主に8つの支援方法があります。これまでの連携実績をふまえ、企業・団体の皆さまのご意向を伺い、ふさわしい取り組みをご提案することも可能です。

チャイルド・スポンサーシップ

企業・団体名義でチャイルド・スポンサーシップを支援いただく方法です。各支店・店舗や、従業員の皆さまでチャイルドを一人ずつ担当される場合も多いです。支援の喜びを社員・従業員の皆さまで共有いただくことができ、国際的な視野育成を目的とした社員教育にもつながります。

クラウドバンク・グループ

クラウドバンク・グループ様は、クラウドファンディング事業から得た収益をもとに、アジア5カ国100人のチャイルド・スポンサーとして、ご支援くださっています。

「チャイルド・スポンサーシップは、教育の機会提供やインフラの整備など、子どもたちの未来に渡って、健全な成長につながる仕組みだと思います。私自身、寄付のあるべき形と感じています。担当者として、ワールド・ビジョン・ジャパンのスタッフの方から子どもたちの状況や、活動の取り組みを聞くことができることは喜びとなっています」と、ご担当者の藤井崇史様。

チャイルド(支援地域の子ども)への誕生日カードに折り鶴などの折り紙作品を同封するため、社員の方のお子さまが「世界のお友達のために」と積極的に制作してくださっているとのこと。チャイルド・スポンサーシップの支援が、社員の皆さま、またお子さまにとっても世界の子どもたちの状況に目を向けるきっかけとなっています。

経営管理ディビジョン ディレクター 藤井 崇史様

山崎製パン株式会社

チャイルド・スポンサーシップを通して、ルワンダとバングラデシュのチャイルドを支援くださっています。また2021年度はヤマザキ「ラブ・ローフ募金」により、エチオピアでの産科棟建設支援事業を実施しました。

玉の肌石鹸株式会社

20年以上の長きにわたって国内外の子どもたちを支援いただき、関係会社とあわせて100人のチャイルド・スポンサーとして、子どもたちの成長を見守ってくださっています。

株式会社チュチュアンナ

25人のチャイルド・スポンサーとしてを支援いただいています。また2021年度は、インドネシアとベトナムでの「特別プロジェクト」を実施しました。

各種募金プログラム

難民支援、水・食糧、母子保健等の活動分野からお選びいただくか、または、その時に最も必要な支援活動のために募金で協力いただく方法です。特に近年では、新型コロナウイルス感染症やウクライナ危機等、甚大な危機が生じた際に、多くの企業・団体の皆さまから募金をお寄せいただきました。

株式会社タイセイ

長年にわたり、アジアでのチャイルド・スポンサーシップと特別プロジェクトを通して支援いただいています。2022年には、ウクライナ危機緊急支援募金にもご協力をいただきました。

松田産業株式会社

長年にわたり、チャイルド・スポンサーシップを通して支援いただいています。2022年には、ウクライナ危機緊急支援募金にもご協力をいただきました。

宮園輸入車販売株式会社

2011年3月の東日本大震災直後にも支援をいただき、2022年のウクライナ危機発生に際しても、いち早く支援をいただきました。

マッチング・ギフト

企業の従業員が社会貢献を目的としてNPO等に寄付した際に、勤め先の企業が同額またはそれ以上をマッチ(連動)して同じ団体に寄付する企業の社会貢献制度です。この制度を使ってワールド・ビジョン・ジャパンに寄付いただいた場合、従業員の方、勤め先の企業それぞれの名義で寄付金控除の対象となります。

「三菱自動車STEP募金」&三菱自動車工業株式会社

三菱自動車グループ社員による募金と同社からの寄付をあわせ、チャイルド・スポンサーシップおよび特別プロジェクトへの支援をいただいています。

商品・サービスを通じた寄付(タイアップ企画)

商品・サービス等の販売収益から一定額、または、一定割合を寄付する寄付付き商品の販売等、タイアップ(連携)企画による支援方法です。コーズリレイティッド・マーケティング(CRM)に類される取り組みで、商品の売上や企業ブランドイメージ向上への貢献が期待できます。

株式会社中央軒煎餅

フードロス削減をめざした商品である「Kakecco(かけっこ)」の売上の3%を水と食糧のための募金に、「久助(きゅうすけ)」の売上の3%をウクライナ危機緊急支援募金に寄付いただいています。

ビッグローブ株式会社

ドネーション型モバイルサービス「donedone」を通して、難民支援募金に寄付いただいています。

ポイント寄付

クレジットカード等、各企業が提供するポイントプログラムを通じた支援方法です。気軽に、手軽に寄付できることから、多くの方々が参加されています。

Tポイント募金

1ポイント=1円に換算され、ワールド・ビジョン・ジャパンに寄付されます。

エポスカード

貯まったエポスポイントを1ポイント=1円に換算し、500ポイント単位で寄付できます。また、エポスカードを使ってクレジットカードで寄付することも可能です。

Yahoo!ネット募金

クレジットカードは100円から、Tポイントは1ポイントから寄付できます。

私たちがご案内いたします

「周年を記念して学校舎を子どもたちに贈りたい」や「お客様に支えていただいて今があるので、子どもたちを通して恩返しをしたい」など、皆さまの想いを形にするためにパートナーとして、企業、団体の皆さまと連携しています。

オンラインや対面でのお打ち合わせ承ります。ニーズに合わせた報告会なども可能です。各支援方法の詳細や、具体的なご相談など、お気軽にご連絡ください。各担当が、ご要望に沿った、支援の形をご提案いたします。

ご相談からご支援実施までの流れは、チャイルド・スポンサーシップなどの既存プログラムへのご寄付の場合は、最短で1週間程度でご提案が可能です。学校建設など、特別プロジェクトの実施は、ご要望のヒアリングからご提案までに2~3カ月いただきます。詳細は、特別プロジェクトのページをご覧ください。

御社のCSR報告のため以下のようなことが可能です。

  • 御社のCSRレポート、報告書に必要な素材を提供いたします
  • 支援の証として事業地に御社名の入った記念プレート設置します
  • 事業視察も可能です
  • ニーズにあった事業報告会が開催できます
  • 感謝盾/感謝状を贈呈いたします

お問い合わせ先

各支援方法の詳細や、具体的なご相談などについては、以下の電話番号またはお問い合わせフォームからお気軽にご連絡ください。

ウェブからのお問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

(平日10:00~17:00)

ロゴマーク・名義の使用について

ワールド・ビジョンのロゴマークは、募金協力の有無に関わらず、原則的に第三者による使用をご遠慮いただいています。ただし、企業・団体とワールド・ビジョン・ジャパンが事前に合意し、覚書に明記された範囲内において、店頭ポップやポスター、チラシ等でご利用いただくことが可能です。ロゴマークを商品本体および付随するラベル、タッグ等にご利用いただくことはできません。
なお、寄付先としてワールド・ビジョン・ジャパンの名称を記載することも、企業・団体の皆さまとワールド・ビジョン・ジャパンが事前に合意し、覚書に明記された範囲内において可能となります。 ワールド・ビジョン・ジャパンの商標・著作権についてはこちらをご覧ください。

ご支援のお申出を辞退する場合

ワールド・ビジョン・ジャパンの活動理念に鑑み、企業・団体からの支援・協力をお受けする際の基準を設けています。 以下に該当する商品やサービス(製造・販売・流通経路を含む)に関連する支援は、辞退しています。

  1. 青少年の健全な育成をさまたげる恐れのある内容や、企業・団体
  2. ギャンブルに関連する内容や、企業・団体
  3. 法律的に、または社会通念的に問題のある内容や企業・団体
  4. 風俗営業に関連する内容や、企業・団体
  5. 反社会的勢力又は反社会的勢力と密接な交友関係にある内容や、企業・団体
  6. その他、ワールド・ビジョン・ジャパンが適当ではないと判断した内容や、企業・団体 加えて、以下に該当する企画も辞退しています。
  7. ワールド・ビジョン・ジャパンへの支援行為や名義の利用が、その企業や商品(サービス)を推奨し、または、その質を保証するような印象を消費者に与える可能性がある
  8. ワールド・ビジョン・ジャパンが営業活動を行っているかの印象や、誤解を与える可能性がある

税制上の優遇措置について

個人・法人の皆さまからのご寄付は寄付金控除等の対象となります。