スロット ゲーム web

【録画動画を公開中!】インスタライブ&YouTubeライブ:ジェンダーのプロに突撃取材!

(2023.11.13)

途上国の女性・女の子を取り巻く課題とその解決のためのアプローチについてお伝えします!

11月25日女性に対する暴力撤廃の国際デーを目前に控えた今回のインスタ&YouTubeライブには、別組織から南スーダンに2年間赴任し、「GBV(Gender Based Violence)被害者の自立と社会復帰アドバイザー」として、ジェンダー(社会的性)差に基づく力関係に起因する暴力の解決に現場で向き合い、この10月からWVJに復職した池内千草スタッフが登場します。聞き手は、元WVJスタッフで、現在は広報のプロとしてWVJの仕事をサポートしている堂道有香さんが務めます。

世界では、多くのGIRLSが、女性だから、女の子だからという理由で身体的、精神的、性的な暴力で苦しんでいます。その背景にある文化・慣習を尊重しつつ、当事者や関係者とともに踏み込んで、どのように問題解決の糸口を探っていったのか。再びWVJに戻り、池内スタッフが考える、女の子に希望を届けるための、WVJならではの取り組みとはどのようなものか。同じく、WVJに「帰って来た」堂道さんが、鋭く熱く切り込みます!

ネパールの親子。早すぎる結婚を強いられたお母さんは、子どもには教育を受けさせたいと訴えました
ネパールの親子。早すぎる結婚を強いられたお母さんは、子どもには教育を受けさせたいと訴えました

イベント概要

日時:2023年11月21日(火)19:00~19:30(20:00まで延長の可能性あり)
内容:
女性・女の子を取り巻く課題とその解決のためのアプローチについて、ジェンダー専門家の池内スタッフに突撃取材します。
※インタビュー形式。皆さまからのQAタイムも予定しています。


場所:オンライン
参加費:無料(通信にかかる費用はご負担ください)
参加方法:
①Instagramのワールド・ビジョン・ジャパンのアカウント()をフォローし、開催時間にお集まりください。

②公式YouTubeアカウントに開催時間にお集りください。YouTubeはInstagramアカウントをお持ちでない方でもご視聴いただけます。

※本イベントの録画動画をからご覧いただくことができます
(YouTubeの録画動画に飛びます)

今後、ほかのスタッフへのインタビューも実施していく予定ですので、どうぞご期待ください!

1000GIRLSキャンペーン
1000GIRLSプロジェクト

登壇者

スピーカー:池内 千草 支援事業部 プログラム・コーディネーター

東北大学大学院修士課程修了後、私立高等学校にて英語講師として勤務。その後タイ王国チュラロンコン大学大学院タイ研究講座を修了。タイの東北地方の農村にて調査・研究を行い、NGOと女性の織物グループの形成をジェンダーの視点から考察した。2003年から2006年までの3年間、タイの国際機関(UNODC, UNAIDS, UNESCAP)や日本のNPOなどでインターン・コンサルタント・国際スタッフとして契約ベースで勤務。帰国後、千葉の財団法人、海外職業訓練協会にて、APEC・ASEAN域内諸国を対象とした、人材育成フォーラムや技能研修などの研修事業に携わった。2008年2月ワールド・ビジョン・ジャパン入団。2010年10月より2016年6月まで人身取引対策事業のためにカンボジアに駐在。日本に帰国後、支援事業部 開発事業第1課配属。2021年9月より休職(別組織より南スーダンに赴任)。日本に帰国後、2023年10月よりワールド・ビジョン・ジャパンに復職。

池内千草スタッフ

聞き手:堂道 有香 元WVJスタッフ

国内子ども支援NPOを経て2015年にワールド・ビジョン・ジャパン入団。マーケティング部に所属し、スポンサーサービス(チャイルドとの手紙、スポンサーツアー、チャイルドのデータ管理等)や新規スポンサー募集、広報に従事。ルワンダ、カンボジア、バングラデシュ、ヨルダン、ウガンダ(南スーダン難民居住地)への出張等を含め幅広く経験したのち、2020年退団。ソニーグループ株式会社に入社、現場経験を活かしたSDGs関連事業創出、NPO・NGO連携事業などを主に担当。現在はフリーランスとしてNPOやソーシャルスタートアップに携わっている。

堂道有香 元WVJスタッフ

関連リンク